私の電脳環境 その2

投稿者: | 2016-01-19

私はコンパクトなモノが好きで、手のひらにのるHP200LXは1993年7月から、iphoneは2009年7月から、手帳は『能率手帳ゴールド小型版』を1976年から使い続けています。
P1010994  P1010986 P1010988
仕事は大型コンピュータ向けシステム開発でしたが、個人的には Macintosh excel で、パソコンに開眼しました。1985年ごろのことです。

そして、パソコン通信全盛期に200LXを購入、メール、フォーラム(SNSの前身)を音声モデム或いはISDNで通信したことは、自慢していい技倆だったかと思います。

200LXは、MS-DOS5.0搭載のHand Held Computer(手のひらサイズのコンピュータ)、単三電池二本で動き、現win機の前身にあたる一機種です。
200LXは、身に付けるコンピュータ(電脳パンツなるあだ名もつきました)として人気を博した名機としても知られています。
内蔵アプリ(予定表、メモ、database、表計算、アドレス帳、高機能電卓など)が『売り』ですが、DOS環境も人気でした。

200LXで日記・メモを記録するようになってから、text処理に目覚めました。専らDOS環境で使っています。日本語入力はatok7、text editorはVZ 1.57。

特に検索は便利です。私の場合、日記はひと月ごとに一つのfileとしてしています。2016年1月はd201601、拡張子は.txt(こうすることでwin機では、『秀丸』が起動します)。
中身は、1日から末日までの記録、工夫しているのは、date行です。
date行には、
血圧(bp mは朝の測定 心拍数)起床時間 天気 workout(bike walk swim 筋トレ)禁酒マーク
を記しています。二行目から、その日の出来事を記録しています。行数は固定していません。書きたいだけ書いています。こんな感じです。
———
2016.01.01(fri) bp m 130/77 60 0600起床 晴れ bike 荒川周回 54.5Km
1日の記録

2016.01.02(sat) bp – -/- – 0630起床 walk 8500
2日の記録

2016.01.31(sun)

———-

10年書き続けていると、日記のfile数は120個。この中を全文検索するのがgrep。
探したいキーワードで、日記全体を横断的に検索します。検索結果から年月が絞り込め、VZの検索機能で日付がわかります。
例えば再会するする友人がいたとして、前回いつ会ったか知りたい時、名前でgrepすれば、年月fileが古い順に表示されます。当該fileでVZ検索すれば、会った日の出来事が確認できます。
この連携は使い慣れると大変便利、手軽に全文検索ができます。

日付の行だけを一覧表示(file出力)することも、簡単にできます。スマホ向けのlifelogアプリでも一覧表示機能はありますが、大体が月単位で表示されますね。
grepを使えば、指定した期間を一覧表示させることができます。さらにawkと組み合わせると、一覧表示の指定した項目を集計することもできます。
HP200LXがないと、できないということではなく、いまお使いのwindowsでも、ほんの少しの手続きで実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。