pythonista 3

投稿者: | 2020-04-17

pythonを使ってみたくなり、win、osx、iphoneにpythonをインストしました。
osxでは、terminalから使えます。idleを使うにはアプリのインストが必要です。
winでは、アプリインストですぐ使えます。
iphoneでpython環境があること知ったのは、つい先日。pythonista3のインストでiphoneでもpythonが使えます。
バージョン3.2(最新は3.3)からicloudと連携しているので、osx、winで共有できます。dropboxとの共有・同期は、ツールのインストが必要です。
以下、私の作業内容をまとめました。

pythonista3インスト

有料です。2020年4月12日時点で1,220円。この金額でpythonつかえるのは、うれしいですね。携帯用のキーボードがあれば、いつでもどこでもコードに触れられます。
三画面で構成されています(左右のswipeで画面は切り替わります)。
①script library
②code editor
③interactive prompt

script libraryとcode editor(二画面表示)

interactive prompt(consoleとStaSH)

StaSh インストール

簡単なshellコマンドが扱えます。interactive promptにStaShのフラグが立ち、『正しく動作しないコマンドもある』とのメッセージが表示されます。
helpで使えるコマンドが確認できます。
manでコマンドの内容を確認できます。gitもありますが、私の環境ではエラーで使えませんでした。
インストールはここを参考にしました。

dropboxと同期

ここを参考にしました。
この記事の中には、dropboxからfileをpickupするツールとiphoneと同期するツールの二つが掲載されています。ツールの最新版は、ここから入手できます(dropbox api のバージョンが更新されており、最新のscriptが必要です)。
私の場合、dropboxの出番はなさそうです。が、念のため二つのツールはインストしておきました。
dropboxでの同期は、『This iPhone』内のフォルダー、ファイルが対象となります。初回の同期は、iphoneの自動ロックを外しておきましょう。同期にかかる時間は計測していませんが、少なくとも3分(私の自動ロックタイム)以上はかかっています。
’Sync complete’、’Reload file’が表示されれば同期は完了です。
同期フォルダーは、ここに生成されます。

scriptをホーム画面に置く

scriptは、ホーム画面にshortcutとして置けます。shortcutの作り方は、code editor 画面右上真ん中の『レンチ(wrench)』をタップし、shortcutへと進みます。shortcut用アイコンは多数用意されており、アプリ開発の自由度が想起されます。私の現在のレイアウトです。

python独習

new画面

top画面『+』からいろいろ遊べます。空のscriptから始めたり、UI付きのscriptを利用したり、豊富なメニューが目白押し。携帯用のkeyboardがあれば、どこでもcodeが作れます。ついでにiphoneの設定からpython keyboardも使えるようにしておきましょう。

python keyboard

pythonistaは独習にはうってつけです。programming上達のコツは、多くのcodeを生成すること。あると便利な道具をpythonで仕立てていく、或いは、既存アプリの気に入った部分を自分用に再構築するなど、身の回りには、code化の対象はたくさんあります。python本を何冊も読むより、今ある知識でcodeを書くことが上達の早道です。
pythonistaは、隙間時間にcodeと遊べるすばらしいアプリだと思います。